銀歯と歯の隙間
blogso1

銀歯と歯の隙間を放置すると、虫歯や歯周病の悪化などにより、口腔内の健康を損なうリスクが高まります。
この隙間に歯垢などの汚れが蓄積すると腐敗し、口臭の原因となります。
さらに、銀歯の下の歯が虫歯菌に侵されて歯茎が炎症を起こして腫れ上がり、銀歯が知覚過敏になって痛みを感じることがあります。
そしてそのまま放置すると、神経が残っている場合は虫歯が神経にまで達し、普通でも耐えられないほどの激しい痛みに悩まされることもあるのです。
神経が残っていない場合は痛みは感じにくいため、放置すると歯が虫歯菌に溶かされてボロボロになり、ひび割れしてしまう可能性もあるといいます。
また、銀歯がどんどん劣化していき、唾液で日々濡れてイオン化すると溶け出す性質があります。
銀が溶け出すと、歯茎を黒く染めてしまうことも考えられます。
日々少しずつ溶け出した銀が体内に蓄積すると、場合によってはパラジウムという金属アレルギーを起こすリスクもあります。
その結果、舌や手、足などの皮膚炎が起こるといった症状が出ます。

Related Posts